子どもたちに希望ある未来を…
日本共産党 新宿区議団 > 区議紹介 > 雨宮たけひこ
  • キャッチコピー

    この町の身近な相談相手

    プロフィール

    1947年11月15日生まれ
    山梨県笛吹市一宮町出身。
    「日本一おいしい桃の町」で兄が桃を生産しています。
    1965年度卒、山梨県立甲府工業高校機械科
    1966年4月~1972年12月、旧日本住宅公団職員
    1972年12月、日本共産党新宿地区委員会赤旗分局員その後党専従
    1991年新宿区議会議員に初当選、現在7期目
    山梨県人会新宿区副会長、京浜一宮会副会長。
    家族ー長男、長女夫婦と孫3人

    趣味

    野球、卓球を楽しむ。ハイキング、高尾山の四季を歩く。

    担当地域

    新宿1~4丁目、四谷1~4丁目、若葉1~3丁目、南元町、舟町、荒木町、片町、四谷坂町、本塩町、左門町、信濃町、大京町、内藤町、愛住町、霞丘町

    あいさつ

    4月の区議会議員選挙では7期目の当選を果たすことができました。選挙中かかげた公約の実現をめざし全力で頑張ります。
     私は、朝8時~9時に火曜日は四谷3丁目駅、水曜日は四ツ谷駅、木曜日は信濃町駅、金曜日は新宿御苑駅前、土曜日は午後4時から5時に四谷3丁目丸正前で週5回の定期宣伝の活動をほぼ欠かさず行い、25年目となりました。今、自民党・公明党安倍内閣は戦争法案を強行に進めようと、国会の会期延長を95日間(戦後最長の会期延長)やりました。この暴挙を許さず、「戦争法案反対!憲法9条守れ!」の国民の共同輪を大きくし、世論の力で戦争法案をストップさせましょう。私には12歳、6歳、3歳の孫がいます。孫達が成人になった時に徴兵制になり、若者が戦場に行くような日本にしてはなりません。戦後70年続いた日本の平和を守るためにも、憲法9条を守るためにも引き続き頑張ります。
    「この町の身近な相談相手」をモットーに区議会議員として、住民のみなさんの要求実現と、子育ての支援、高齢者が安心に住める町、震災に強い新宿の町をめざして頑張ります。(2015年6月26日)

日本共産党新宿区議団
〒160-8484 新宿区歌舞伎町1-4-1 新宿区役所5階 TEL.03-5273-3551 FAX.03-3200-1474